←トップに戻る

売却にかかる諸費用や税金

Taxes and fees for sale

効率的に売却活動を進めるためには、はじめに売却にかかる諸費用や物件の権利関係などを確認した上で、売却の手続きや手順などを整理しておくことが重要です。

手元に残るお金

売買価格の内訳

不動産の売却には様々な費用などが必要となります。例えば、所有している物件に住宅ローンの残債がある場合には、その返済資金のほかに、ローンの抵当権を抹消するための費用も必要になります。このように、売却代金がすべて手元に残るわけではありません。その他、物件や売却方法などによって、売却時に必要となる諸費用の額は異なります。詳細は当社係員にお尋ねください。

売却にかかる主な費用

仲介手数料

売買契約の仲介に関与した不動産会社などに支払う手数料です。
この手数料は、売却が成立した場合にのみ支払います。

仲介手数料(媒介手数料)の上限

取引物件価格(税抜)が200万円以下
取引物件価格(税抜)×5%+消費税
取引物件価格(税抜)が200~400万円以下
取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税
取引物件価格(税抜)が400万円超
取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

抵当権抹消費用

住宅ローン残債があり、抵当権が設定されている場合に抹消登記の登録免許税が必要となります。抵当権の抹消を司法書士に依頼する場合は、司法書士の報酬も必要となります。

測量費用

不動産売却物件に土地が含まれており、境界が確定できない場合や、売買条件に売主側が新たに測量を行うことが盛り込まれている場合などに必要になる費用です。売主様が負担するのが一般的です。測量費用は、土地の形状や大きさによって大きく異なりますので、詳しくは当社係員にご相談ください。

建物解体費用

古家がある土地を更地にして引き渡す場合、建物の解体撤去費用がかかります。

その他

引越し費用や不要品の処分費用等も発生します。

不動産に関する主な税金

不動産売買
契約書の印紙税

契約書に貼る印紙代です。売買代金により額面は異なります。
印紙代は一般的に、売主、買主の折半で負担します。

譲渡所得税

物件の売却により利益が出た場合、所得税と住民税が必要となります。

譲渡所得

譲渡所得とは、不動産を売却した金額(譲渡収入)から、不動産購入費用とその諸費用、また不動産売却時の諸費用を差し引いた金額を指します。 売却代金(譲渡収入)
詳細については、当社係員にお問い合わせくださいませ。

[無料査定サービス] ご自宅の査定価格がすぐに分かります!

住まいに関するご相談、ご質問など
お気軽にお問合せ下さい。

フリーダイヤル0120-312-123 営業時間 10:00~19:00 水曜日定休日
メールでのお問合せ